Ulineが届いたのでレビュー

ガジェット
この記事は約2分で読めます。

中国の電子機器メーカー、UMIDIGIが発売した新商品であるUlineが届いたので早速レビューしていきたいと思います。

パッケージ

Ulineのパッケージ。UMIDIGIのロゴがありました。

パッケージは画像の通りのデザインでした。

少し厚さがスリムなサイズのパッケージだと感じました。

内容物

USB Type-C側の写真。

内容物はシンプルでケーブルのみでした。

サンクスカードは私のUlineには付属していませんでした。

ケーブル

ここからが本題(?)のケーブルについてレビューしていきます!

ちなみに、私が購入したのは、ブラックのケーブルです。

レッドもあるようです。

触ってみた感想

触ってみた感触から書くと、ケーブルの反発力が強かったです。

反発力が強いのでケーブルを拘束するマジックテープベルトが付いていました。

また、このUlineは従来のケーブルより少し平たい感じがしました。

まず、Ulineの特徴といえば充電する時間を決めるタイマーを設定したり、電流や電圧を測定する事が大きく挙げられます。この機能はUSB Type-A側の近くにある液晶画面で表示されるようになっています。

Ulineの液晶画面。表示されている「H05」は5時間を指すようです。(少し画像が不鮮明で申し訳ありません…)

電流や電圧はあくまで目安や概算であるかもしれませんが、個人的には便利ではないかと感じました。

公式動画

コメント