格安!ヨーロッパのTime4VPSのコンテナVPS C4プランを試してみた

4.5
Web
この記事は約4分で読めます。

今回はTime4VPSを試してみたので記事を書きます。

Time4VPSとは?

Time4VPSはヨーロッパのリトアニアのVPSサービスです。

主な特徴として、料金が安い点や24時間チャットサポートを英語で提供している点があります。

また、30日間の返金保証があります。

Time4VPS - VPS hosting in Europe

Time4VPSのサービス

Time4VPSが提供しているサービスを紹介したいと思います。

Linux VPS

KVM仮想化を採用しているプランです。

2021年6月1日時点では最安プランはLinux 2で、月払いの場合は月額3.99ユーロで、初回申し込みの場合は月額1.99ユーロで利用できます。また、年払いであれば年額39.99ユーロで、初回申し込みの場合は年額19.99ユーロで利用できます。

対応しているOSは下記の通りです。

  • CentOS 7/8
  • Debian 8/9/10
  • Ubuntu 14.04/16.04/18.04/20.04

Container VPS

画像はイメージです。

こちらはOpenVZ仮想化を採用しているプランです。

こちらの最安プランは2021年6月1日時点でC2 Planで、月払いの場合は月額2.99ユーロで、初回申し込みの場合は月額1.49ユーロで利用できます。また、年払いであれば年額29.99ユーロで、初回申し込みの場合は年額14.99ユーロで利用できます。

対応しているOSはLinux VPSと同じでした。

デメリットはSwapファイルが作成できない事です。

Storage VPS

Container VPSと同様、OpenVZ仮想化を採用しているデータ保存に特化した(ストレージの容量が多い)プランです。

こちらの最安プランは2021年6月1日時点で0.25TB Planで、月払いの場合は月額2.99ユーロで、初回申し込みの場合は月額1.49ユーロで利用できます。また、年払いであれば年額29.99ユーロで、初回申し込みの場合は年額14.99ユーロで利用できます。

こちらは0.25TBから8TBのストレージを利用できるプランが用意されています。

Secure VPN

VPSではなく、VPN(バーチャルプライベートネットワーク)サービスを提供するプランです。

こちらの最安プランは2021年6月1日時点で1TB Planで、月払いの場合は月額1.99ユーロで利用できます。また、年払いであれば年額19.99ユーロで利用できます。

こちらのVPNはOpenVPNとL2TPプロトコルに対応しています。

また、下記のロケーションのVPNサーバーが利用できるそうです。

ヨーロッパ

  • イギリス
  • オランダ
  • ドイツ
  • リトアニア
  • スペイン
  • スウェーデン

アジア

  • 日本
  • 韓国
  • シンガポール

シドニー(オーストラリア)

北米

  • ワシントン(アメリカ)
  • サンフランシスコ(アメリカ)
  • トロント(カナダ)

また、こちらのVPNについては帯域幅の計算の為に必要なログのみ保存され、閲覧履歴は保存されないと謳っています。

また、AndroidとWindowsに公式アプリがあります。

ping値については後述しますが、Time4VPSのVPSやストレージVPSはリトアニアにサーバーがあるので日本から接続するとping値が少し高いです。

なのでVPNを使おうと思っている方はこちらの日本サーバーもあるVPNをおすすめします。

ブロックされているポート

Time4VPSではこちらのヘルプ記事にある通り、25番のアウトバウンドポートがブロックされています。

25番ポートは通常SMTPプロトコルに利用されているポートで、サポートに連絡するとブロック解除してくれるそうです。

ping値について

今回私が利用したのはTime4VPSのContainer VPSのC4 Planです。

海外のVPSという事でping値について知りたい方もいらっしゃると思うので私が測定したping値を公開します。

大阪の自宅回線から平日の夕方に続けて4回測定した所、平均値は525ミリ秒、最小値は293ミリ秒、最大値は764ミリ秒となりました。

自分はSSHを利用している際に入力した文字の反映が少し遅かったと思いました。

WebサイトをこちらのVPSを利用して公開したいと思っている方は、CDNを利用する事で日本からのping値はある程度改善できるかも知れません。

また、こちらの公式サイトからTime4VPSのリトアニアサーバーからどれぐらいping値があるか測定する事ができるので気になる方は利用してみてもいいと思います。

Time4VPS - VPS hosting in Europe

まとめ

Time4VPSのデメリットとして日本からのping値が少し高い事や、自分のISOファイルの利用ができない事、デフォルトでは各プランのストレージがHDDでSSDを利用するのはオプションが必要な事やバックアップもオプションである事が挙げられますが、格安で利用でき24時間チャットサポートに対応している事はいいと思いました。

今回試したContainer VPSのC4プランの評価は星5つ中4.5にしようと思います。

コメント